">「FAQ」赤ちゃん新生児用ベビー布団・ふとんセット

「FAQ」赤ちゃん新生児用ベビー布団・ふとんセット

正しい知識で賢い選び方「FAQ」赤ちゃん新生児用ベビー布団・ふとんセット【安眠プラザ】


  1. ホーム >
  2. 賢い羽毛布団の選び方 >

西川ベビー布団セット お買い得おススメ寝具新入荷情報

赤ちゃんにとって、この世界に生まれて初めての環境がお布団の中!

そのお布団はできるだけ無垢のものにしてあげたいですね。西川のベビー寝具はすべて、ショッピング売場の衣類や雑貨などからの、「ホルムアルデヒド」移染防止パッケージがされており、直接触って肌触りを確認できませんが、全ては、無防備な赤ちゃんの為ですので、ご理解下さい。

ベビーふとん 赤ちゃん∀ベビーに安心布団セット

赤ちゃん∀ベビーとママの一口アドバイス

資料提供 西川リビング(株)


子育て一口アドバイス一覧


赤ちゃん∀ベビーの眠りの基礎知識

 大人の眠りは、浅い眠りの『レム睡眠』と、深い眠りの『ノンレム睡眠』に分けられ、 このふたつがセットとして90分のリズムで繰り返されています。
 しかし赤ちゃん∀ベビーの眠りには、まだこのようにリズムはありません。
 赤ちゃん∀ベビーの眠りは、動睡眠(顔・体が動く浅い睡眠)、静睡眠(スヤスヤと安らかな深い眠り)、それと不定睡眠(まどろんでいる眠り)の3つに分けられます。
 脳の発達とともに動睡眠はレム睡眠に、静睡眠はノンレム睡眠に発達していくのです。
 眠りのリズムは、2歳ぐらいになると、約60分周期で繰り返されるようになり、5歳から10歳になると、大人と同じ約90分周期の眠りに落ち着いてきます。

  

赤ちゃん∀ベビーが眠ってくれない

「眠り上手」のすやすや赤ちゃん∀ベビーにするには?
 赤ちゃん∀ベビーが、元気にすくすく育つには、生活のリズムをつくってあげることが大切です。赤ちゃんの生活には、おっぱいを飲んだり、離乳食を食べたり、遊んだり、泣いたりと色々ありますが、一番の基本は眠りです。
 ママのおなかの中から出てきた赤ちゃん∀ベビーは、光の刺激を受けることで、少しずつ眠りのリズムを覚え、一日の生活リズムをつくっていきます。
 きちんとした生活のリズムをつくるには、日が暮れれば、赤ちゃん∀ベビーがいる部屋を少し暗くして静かにしてあげることが大切。夜は夜らしくを心がけ、赤ちゃん∀ベビーにきちっとした生活のリズムが生まれるようにしてあげましょう。

赤ちゃん∀ベビーの眠りとおふとん

 生まれたばかりの赤ちゃん∀ベビーは、一日のほとんどを眠って過ごします。だから、赤ちゃん∀ベビーにとってもっとも大切なのは、赤ちゃん∀ベビーが毎日使っているおふとんと寝ている部屋の環境です。理想的な環境は静かで日当たりや風通しがよく、温度は20度C前後のお部屋、暖房をする場合は換気を十分にし、赤ちゃん∀ベビーに直接風や熱が当たらないように注意しましょう。
 ママが毎日気づかって、赤ちゃん∀ベビーに気持ちのいい寝室をつくってあげるようにしましょう。

   

赤ちゃん∀ベビーに優しいおふとん選び

○掛けふとん
赤ちゃん∀ベビーの負担を少なくするために中綿に軽くて保温性のある羽毛やポリエステルを使用したものをおすすめします。ウォッシャブルタイプなら気軽に洗えていつも清潔に使えます。
○肌ふとん
赤ちゃん∀ベビーは大人よりも体温が高く汗っかきです。薄手の肌ふとんは赤ちゃん∀ベビーの体温調節にも適しています。中綿は軽くて保温性のある羽毛やポリエステルがおすすめ。手軽に洗えるウォッシャブルタイプをおすすめします。
○固綿敷きふとん
体が安定しやすいマット状の固綿敷きふとんがおすすめ。寝汗やおしっこ、よだれを吸収しやすく、すみやかに発散してくれる素材のものをお選びください。
○枕
生後まもなくは首が安定しないので、薄手の枕をお遊びください。

また、ドリームリング枕は大変吸湿性に優れており、中央部分がくぼんでいるので、赤ちゃん∀ベビーの向きぐせにも対応できます。

お首がすわった2~3ケ月頃を目安にお使い始めください。
○毛布<綿毛布>
オールシーズン使え、肌ざわりもよく、保湿性があり、気軽に洗濯できて安心です。

<ウール毛布>
冬の必需品。天然素材の中でも最も保温性・吸湿発敵性に優れています。
○タオルケット
汗っかきな赤ちゃん∀ベビーには、なくてはならない夏の必需品。吸水性に優れた綿素材のものがおすすめです。
○スリーパー
夏場はタオル地、冬場は綿毛布地があり、すれにくいため、寝冷え防止としても最適です。オムツ替えも簡単にできて、とても便利な商品です。
○カバー類
赤ちゃん∀ベビーの肌に直接触れるものです。肌ざわりがよく、吸湿性に優れ、こまめに洗濯できる綿素材のものがおすすめです。
  

季節に応じたおふとんの組み合わせ


赤ちゃん∀ベビーはとってもデリケートです。
季節にあわせた快適な組み合わせで、気持ちよく眠らせてあげましょう。

敷きふとんの正しい敷き方


①フイッテイパックシーツ おふとんの汚れ防止。
キルトパッドと敷きふとんのズレも防止します。
②キルトバツド キルティング加工により優れた保湿性で赤ちゃん∀ベビー暖か。
優れた吸湿性で湿気から赤ちゃん∀ベビーを守ります。
③防水シーツ おねしよや汗の水分をしっかりストップ!
敷きふとんを濡らしません。
④固綿敷きふとん 赤ちゃん∀ベビーの未発達の背骨には適度な固さの敷きふとんがオススメ!
フィッティパックシーツの上手なセッティング方法
敷きふとんの表側を上にして、防水シーツ、キルトパッドの順に重ねます。 重なった防水シーツ、キルトパッドがズレないよう、2角をキチンと合わせ、片側だけフイッティパックシーツをかぶせます。 シーツのかかった側を起こし、折りたたむように近付けた状態で、もう片側のシーツをかぶせます。
中身がズレないよう、両端をしっかりもって、敷きふとんをもう一度広げます。 脇から手を入れて、中身を整えたら出来上がり!
安眠寝具∀羽毛布団の価格の真実∇布団のプロ:児玉和士

ご訪問、有り難うございます。

金融公庫総研も絶賛し特集出版した、感動の安眠ライフをお届けする羽毛布団プロの店にようこそ♪

中身の見えないおふとんについて分かり難いのは当たり前。ご遠慮なく何でもお気軽にお問合せください。

★お電話での受付は午前10時00分~午後6時00分迄

★Faxからも、ご注文♪ Faxご注文用紙(pdf)

羽毛布団こだわりプロ

製鉄所研究員から転身のふとんプロが、選び抜いた、価値あるお買得羽毛布団を掲載しました。枚数限定の安心保証品質のトップメーカー羽毛布団ばかり。お目当ての品はぜひお早目に。今すぐクリック!

専用サイズカバーも豊富に揃っています。

■ 高ダウン羽毛布団超お買い得一覧

羽毛ふとん一覧へ元へ戻る の特別ご奉仕品です。

いい羽毛布団でグッスリ眠った後の気持ちいい目覚め!あなたも今夜から

店長お奨めのお買得寝具を選ぶ。